刀剣乱舞最新情報

オススメNEWS

【刀剣乱舞】焙烙玉ってなんて読むの?これの事を…

忍玉

焙烙玉ってなんて読むんだろう?って思いますよね??

ちなみにほうろくだまって読むんです(笑)

普通の人はあまり読める方って居ないかと思うのですけど…誰しもが見覚えのあるものではあるんですよね♪忍者の爆弾と言えばこれ!!という感じなので♪

412: 名無し@とうらぶJAPAN 2015/11/02(月)18:25:17 ID:ss1
焙烙玉を忍たま乱太郎って呼んでるのは多数派だと信じている

焙烙玉

413: 名無し@とうらぶJAPAN 2015/11/02(月)18:25:36 ID:w1v
>>412
貴方だけだと思います

 

414: 名無し@とうらぶJAPAN 2015/11/02(月)18:25:40 ID:0mx
>>412
くそこんww

 

416: 名無し@とうらぶJAPAN 2015/11/02(月)18:26:25 ID:9o5
>>412
呼んでるのは多分あなただけだw
でも忍たま見てなかったら焙烙読めなかったわ

 

419: 名無し@とうらぶJAPAN 2015/11/02(月)18:27:00 ID:6dd
>>412
元忍玉沼の自分は焙烙火矢ってよんでる

忍玉乱

425: 名無し@とうらぶJAPAN 2015/11/02(月)18:28:53 ID:pzM
>>419
そう呼ぶつもりは無いのに間違えて焙烙火矢って言ってしまう
サラスト委員長が頭をよぎるし、そのせいか焙烙玉に巻き込まれた男士はアフロになるイメージがある

 

431: 名無し@とうらぶJAPAN 2015/11/02(月)18:34:26 ID:BSm
>>425
おじじのアフロ…

 

429: 名無し@とうらぶJAPAN 2015/11/02(月)18:32:25 ID:ze4
>>425
焙烙玉に巻き込まれた男士はアフロに、で、
長谷部の顔が見れなくなってしまったのは私だけでしょうか

 

430: 名無し@とうらぶJAPAN 2015/11/02(月)18:33:45 ID:pzM
>>429
大丈夫
ウチの長谷部もアフロ率高いから

 

433: 名無し@とうらぶJAPAN 2015/11/02(月)18:34:55 ID:ze4
>>430
それもあるのですが・・・
どうしてもBASARAを・・・

ネタ戦国BASARA

引用元: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/gameswf/1446449988/


最近のイベント・人気記事など(2015年11月01日時点)

とあるさにわの『超効率的小判稼ぎ方法』が物吉貞宗入手に必須レベルでやばいwwwwwwwwwwwwwwwww

秘宝の里の周回は『超難』が一番効率が良いか?みんなの意見まとめ

秘宝の里『難易度・超難』で玉が平均300手に入るとか…うそだろ?

『審神者邂逅!?』とあるさにわのリアル日常で起きた衝撃的な出来事が話題にwwwwwwwwwwwwwwww

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 名無し@とうらぶJAPANいろは
    • 2016年 10月 22日

    焙烙火矢(ほうろくひや)または焙烙玉(ほうろくだま)は、戦国時代の日本で使用されていた火薬を用いた兵器である。

    焙烙火矢とは、料理器具である焙烙、ないしはそれに似た陶器に火薬を入れ、導火線に火を点けて敵方に投げ込む手榴弾のような兵器である。手で直接もしくは縄を付けて遠心力を使った投擲が行われ、敵兵の殺傷を主目的とした。付随して周辺の木造部分へ引火することもある。現代でいう焼夷弾に似た兵器であるが、爆発力や容器の破片での殺傷が主目的で、炎での攻撃は威力が低かったと思われる。村上水軍、毛利水軍、乃美水軍(浦水軍)、児玉水軍などの瀬戸内水軍が主に使用していた。火矢と名前がついているが、丸い爆弾の状のものが多く、そのため焙烙玉とも呼ばれた。これらの兵器に対抗する為に織田信長が九鬼嘉隆に命じて鉄甲船を開発させたとされている。

    西洋諸国のように大形の大砲を製造できるほどにまだ鋳造技術が優れていなかった当時の東アジアでは、こうした投擲弾的な兵器が攻城戦や海戦で比較的多く導入された。そもそも、建築物や軍船のほとんどが木製だったため、衝突力を主な攻撃力とする大砲よりも燃焼力、爆発力を利用した攻撃が有効であった(一方の西洋においても、海上戦闘においては当時の威力不足の大砲は決定的な兵器ではなく、最終的には接舷しての白兵戦で決着をつけた時代である)。特にヨーロッパの帆船が外洋での航海を想定した設計なのに対し、戦国時代の日本の軍船は内海・近海のみの航海に特化していたため、船体の上に大きく防壁を備えた構造であったので、その隙間に爆発物を投げ込む戦術が比較的有効であった。こうした理由から攻城戦や水上戦で防御施設や船を焼き払うことができるために重要な戦力となった。

    さらなる発展型として、焙烙火矢を球状ではなくロケット状にして大筒を用いて発射、さらに黒色火薬の火力を推進力として利用した原始的なロケット弾を指して言う場合もある。この発展型の焙烙火矢は、棒火矢とも呼ばれる。こうした兵器は、おそらくは中国の神火飛鴉などの同様のロケット型の兵器(火箭)を糸口にして作成されたと考えられる。ただし棒火矢が生まれたのは慶長年間であり、実戦用の兵器として用いられる事がほとんど無かったために、どの程度の効果があったかは未知数である。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Twitter

カテゴリー

オススメNEWS

PR